脱色剤 ムダ毛処理

脱色剤を使ったムダ毛処理について

脱色剤はムダ毛の色素を抜いて毛そのものを目立たなくさせる方法です。液を塗ったら決められた時間放置し洗い流すだけなので手間も時間もかかりません。ムダ毛を抜くわけではないので痛みはありませんが、脱色剤は肌に合わず赤くかぶれたり、痒くなったりすることもあります。スーパーやドラッグストアなどで手軽に購入でき、価格も800円前後から販売されています。

 

 

脱色剤でムダ毛を目立たなくするメリット・デメリット

メリット
  • 自宅で手軽に行なえる。
  • 痛みがない。
  • 次の黒い毛が生えてくるまで効果が持続する。
  • 安く購入できる。
デメリット
  • 肌への負担が大きい。
  • 濃く太い毛には効果が期待できないこともある。
  • 光の加減によって脱色したムダ毛がキラキラ光って目立つこともある。
  • 人によってはかぶれたり、かゆくなることがある。

 

脱色剤を使った正しいムダ毛処理の方法

 

  1. 清潔

    入浴して脱毛する部分の肌を清潔にします。

     

  2. 液を塗る

    説明書の指示通りに液を塗り、決められた時間放置する。通常A液とB液があり指定された割合で混ぜ合わせたものを肌に塗ります。

     

  3. 洗い流す

    決められた時間が経過したら、液をていねいに洗い流す。

     

  4. 処理後のお手入れ

    脱毛クリームは肌への負担が大きいため、処理した部分はとても敏感になっています。刺激の少ないローションや乳液でしっかり保湿しましょう。

 

気をつけたいこと

■必ずパッチテストを行ないましょう!

 

■自分の肌の調子を考えてから剃る!
ムダ毛は年中気になるものですが、生理前後や体調が悪いとき、寝不足、疲れているとき、バカンスで強い日差しをたくさん浴びたときなどは皮膚が敏感になっています。このようなときは無理に脱毛すると肌トラブルの元になりますので、肌を十分休ませてから処理しましょう。