家庭用脱毛器 ムダ毛処理

家庭用脱毛器を使ったムダ毛処理について

フラッシュという特殊な光を毛根に当てることで徐々に毛が生えにくくなる脱毛方法です。エステサロンなどで採用しているのもこのフラッシュ脱毛器です。

 

 

正しく使えば自宅で自分でエステ並みの脱毛効果が期待できるということで、年々人気が高まっています。

 

 

自宅で脱毛

 

 

【ケノン】、【イーモリジュ】、【emo】、【レイボーテ】、【トリア】・・・と他にも、いろいろ販売されていますが、現在もっとも人気の脱毛器はケノン(kenon)という脱毛器で、このケノンはムダ毛の脱毛だけでなく美顔機能もついているそうです。

 

 

脱毛器ケノン(kenon)

 

 

最近、価格も手ごろな【エピルーチェ】という脱毛器も発売されて人気が上がってきているようです。

 

 

脱毛器エピレーチェ

 

 

 

私も実際に使用したことがありますが、ケノンやエピルーチェのような家庭用脱毛器でムダ毛処理するとカミソリで剃ったようなチクチク感がなく、毛抜きで1本1本抜くような痛みもわずらわしさもありません。

 

 

 

短時間で広い範囲のムダ毛を痛みも感じず処理できることも特徴の1つです。

 

 

「エ〜ッ、本当かなぁ?」

 

 

と思う人は、管理人の体験談を参考にしてみてください ≫管理人の家庭用脱毛器体験談

 

 

 

 

 

家庭用脱毛器は主にネット通販で購入できます。価格は29,800〜98,000円くらいまでいろいろあります。

 

 

≫脱毛器ケノンの詳細      ≫脱毛器エピルーチェの詳細

 

 

ケノン

 

 

 

 

家庭用脱毛気でムダ毛処理をするメリット・デメリット

メリット
  • 自宅で手軽に行なえる。
  • エステ並みの効果が期待できる。
  • ほぼ全身脱毛できる。
  • 処理したあとの効果が長続きする。
  • ムダ毛処理を繰り返すうちに徐々に生えなくなってくる。
  • 処理を繰り返すと肌がきれいになっていく。
デメリット
  • 脱毛器はお手軽に購入できる価格ではない(価格が高い)。
  • 正しく使用しないと効果が期待できない。
  • 部品は消耗品なので、追加購入する必要がある。

 

 

 

家庭用脱毛器を使った正しいムダ毛処理の方法

家庭用脱毛器は効果が高いですが、正しく使用しないと効果がありません。説明書をよく読んで使いましょう。

  1. 清潔

    入浴して脱毛する部分の肌を清潔にします。

     

  2. 照射する

    脱毛したい部位を保冷剤などで冷やしてから脱毛器の光を当てましょう。ムダ毛が長すぎる場合は、前日までにある程度の長さにカットしておきましょう。1〜2mmの長さがあるほうが脱毛処理しやすいです。

     

  3. 冷やす

    保冷剤などで照射した部分をすぐに冷やしましょう。

     

  4. 処理後のお手入れ

    脱毛後のお肌は敏感になっています。お肌に負担をかけないようにしましょう。

 

 

 

気をつけたいこと

■毎日続けて照射しない!
お肌にやさしいと言っても負担はかかります。強い光をお肌にあてるので、決められた期間は時間をあけて使用しましょう。

 

■自分の肌の調子を考えてから剃る!
ムダ毛は年中気になるものですが、生理前後や体調が悪いとき、寝不足、疲れているとき、バカンスで強い日差しをたくさん浴びたときなどは皮膚が敏感になっています。このようなときは無理に脱毛すると肌トラブルの元になりますので、肌を十分休ませてから処理しましょう。

 

 

おススメの脱毛器

脱毛器ケノン